So-net無料ブログ作成
検索選択
MY BEST20 *邦画 ブログトップ
前の10件 | -

南極料理人 [MY BEST20 *邦画]




元南極観測隊員である作家・西村淳の実体験を綴ったエッセイを映画化したヒューマンドラマ。南極ドームふじ基地に派遣された男・西村。彼に課せられた任務は、同じく南極観測隊員として派遣された7人の仲間のために毎日食事を作ることだった。

非日常の世界(南極)で日常的なことを描いた映画。面白かった!
やっぱり料理って生活の一部ではあるけど、それが楽しみだったりするわけで、特にこんな極寒の地で刑務所みたいな暮らししてたらなおさらですよね。
「ごはん食べにここに来てるんじゃないよ」とかそんなことを言われても、おいしい料理を作ると誰もがおいしそうに食べてくれる。料理人にとっては格別の喜びです。でも、決して誰も「おいしい」って言わないんだよね。ここらへん、監督のこだわりなのかなぁ?
それにしても南極で、こんな豪華な料理が食べられるんですねー。これも料理人の腕なのかな?伊勢海老のエビフライには笑いました。
特に何か起こるわけでもないんだけど、ちゃんといろいろ伏線が張ってあって、クスッと笑えるエピソードや、ちょっとホロリと来るシーンもあってとてもいい映画でした。
キャストも個性的で演技派の方ばかりなので安心して観られます。


南極料理人 サウンドトラック

南極料理人 サウンドトラック




面白南極料理人 (新潮文庫)

面白南極料理人 (新潮文庫)

  • 作者: 西村 淳
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

デトロイト・メタル・シティ [MY BEST20 *邦画]




お洒落な渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て上京した心優しき青年・根岸崇一は
なぜかデスメタルバンドのギターボーカル、ヨハネ・クラウザー2世として活動することに。

原作の漫画は未読です。
映画の予告編が面白そうだったので鑑賞。
期待を裏切らない面白さだった!(^^)

主人公の2面性ぶりが面白くて、ほぼ笑いっぱなしでした。
松山ケンイチ、上手いな~。

ただ笑えるだけじゃなくて、根岸くんの葛藤ぶりも表現してあるし
母の愛など心温まるシーンもあってすごく良かった。
ちょっとウルウルした。
とにかく主人公の純粋さがいいです。

社長の松雪泰子はやりすぎな気もしますが
原作もあんな感じなのかな?
でもバイオレンスで色っぽい衣装はすごかった。
完全にヒロインの加藤ローサより目立っていたと思う。(笑)

わからないのは音楽バトル。
ああいうのがあるんでしょうか?
全然知らなかった。


映画「デトロイト・メタル・シティ」サウンドトラック

映画「デトロイト・メタル・シティ」サウンドトラック

  • アーティスト: 服部隆之
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS(SME)(M)
  • 発売日: 2008/08/20
  • メディア: CD



デトロイト・メタル・シテイ COMPLETE BOX(DVD付)

デトロイト・メタル・シテイ COMPLETE BOX(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: デスレコーズ
  • 発売日: 2009/02/11
  • メディア: CD



魔王/ラズベリーキッス

魔王/ラズベリーキッス

  • アーティスト: デトロイト・メタル・シティ,根岸崇一 SONG BY カジヒデキ,Kiminori Wakasugi
  • 出版社/メーカー: デスレコーズ
  • 発売日: 2008/08/13
  • メディア: CD



GO TO DMC  実写映画「デトロイト・メタル・シティ」オフィシャルブック

GO TO DMC 実写映画「デトロイト・メタル・シティ」オフィシャルブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川ザテレビジョン(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2008/08/07
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [MY BEST20 *邦画]


ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉 [DVD]

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD


イタズラ好きな高校生7人組と、
彼らの悪巧みに対抗しようとする“駐在さん”の攻防。

いや~笑いました!
すごく自分好みの映画だった!

高校生にしては子供っぽいイラズラばかりなんだけど、時代設定が1980年頃。
まだ携帯電話のない昭和のちょい田舎の雰囲気がよく出ていて
懐かしい気持ちになりました。

笑いの連続なんだけど、それでいてほっとしたり
優しい気持ちになったりするいい映画だった。
内容はベタな青春ムービー。
単純だからこそ面白いのかも!

ぼくたちと駐在さんの700日戦争~BEST HITS 1979

ぼくたちと駐在さんの700日戦争~BEST HITS 1979

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ガチ☆ボーイ [MY BEST20 *邦画]




記憶が一日しかもたない障害を負ってしまった大学生、五十嵐がプロレスサークルに入部!

注)ちょっぴりネタバレあり

最初はめっちゃ低予算映画っぽくて、外した?と思ったけど
嫌味のない青春映画で面白かった!(^^)
こういう病気を持った学生が主人公というと、暗くなりがちだけど
適度なコメディと五十嵐(佐藤隆太)のさわやかさがあって楽しく熱い青春ものになってました。

佐藤隆太って今まで、熱いけどなんか浮いてる・・・
的な脇役しか観たことなかったんだけど(^^;)この映画の主役は最適でしたね。
真面目で、熱くてさわやかで。

なので、4回目の告白とか、お父さんが読んだ日記とか
すごい感情移入してウルウルした~。(;_:)

レッドタイフーンが考えた
「俺達の記憶に刻んでやる!」というような台詞のあるお風呂のシーンも良かった。
こういう細かいギャグ(?)もいいですね。(笑)

肝心のプロレスシーンも、みんな迫真の演技ですごかったです。
痛そうでした。(^^;)
(というか本当にやっているらしい・・・、そりゃ痛い~)


映画「ガチ☆ボーイ」オリジナル・サウンドトラック

映画「ガチ☆ボーイ」オリジナル・サウンドトラック




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハンサム★スーツ [MY BEST20 *邦画]




塚地武雅がハンサムスーツ着用で谷原章介になる映画です。(笑)

ブサイクなことをコンプレックスに持つ人のいい琢郎が
今までの自分の生活を嘆き、ハンサムライフを堪能。
美人アルバイト店員の寛子ちゃんにも好かれるはずだったんですが・・・

なんてゆーか、一言で言うならベタです!
展開からなにから全てが読めてしまうんですが
もうそれはそれ、お約束!って感じで、とにかく楽しみましょう。
大げさなシチュエーションもこの映画ならOK。

2人の演技がまた素晴らしい!
特に谷原章介はほんとにスゴイ役者さんです。
ここまで出来るイケメン俳優は、まさにこの人しかいないのでは・・・
細かい動作なんかも塚地にそっくりで笑えました。

渡辺美里の「マイレボリューション」もしつこいくらい流れますが
他にも80年代の音楽満載、昔なつかしのギャグも満載で面白かったです。(^^)
マシュマロマンみたいなハンサムスーツ(by洋服青山)もかわいいです。(笑)


マイ★レボリューション

マイ★レボリューション

  • アーティスト: Missing Linkと塚地武雅(ドランクドラゴン),川村真澄,Missing Link,YANAGIMAN
  • 出版社/メーカー: ERJ(SME)(M)
  • 発売日: 2008/10/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ラブ★コン [MY BEST20 *邦画]




チビな男の子とデカい女の子のラブコメ。
原作の漫画は読んだことないけど、何かで谷原章介のマイティ先生を観て
これは映画を観なければ!と思い、鑑賞。(笑)

背の差を気にするって大人になってしまえばたいした問題ではないような気がするけど
10代の頃って、それ以外にもくだらない小さなことで落ち込んだり、喜んだりしてたなぁ
と昔を懐かしみました。(^^;)
そういう意味で、キュン死しそうだったよ。(笑)
この言葉、初めて聞いたけどいいよね。オリジナルなのかな?

内容的には思い切り、少女漫画。
ただ演出がものすごく凝っていて飽きさせない。
ナレーションがいきなり英語で字幕付きってのに、まず驚き。
「恋は不思議~」のナレーションと共に輝く大谷(チビな男の子)に笑えた。
でも、そうなんだよね~と共感。
あまりにオーバーな演出だけど、的を得ているので説得力がある。

それにしても主役の大谷(小池徹平)は、ほんとにかわいいな・・・
男にかわいいという形容詞は褒めているのかわからないけど。(^^;)
小泉リサ(藤澤恵麻)は、かわいいのかかわいくないのか
微妙さがこの役に合っていて良かった。ただ、ものすごい細い!
本当は2人とも同じくらいの身長らしい。

そして観たかった谷原章介にも満足。
かっこいいのに変な役をやる人は好き。(笑)
ただバスケの試合はイジメっぽくてちょっと不快だった。
でも、これも先生の策略?
他の脇役も個性強いおじさんキャラがたくさんいて楽しかった。

ノリのいい関西弁とポップな音楽とファッション、カラフルな色使い。
どれを取ってもオシャレでコミカルでそれでいて胸キュンな映画。
年代問わず楽しめるのでは?と思う。(^^)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大停電の夜に [MY BEST20 *邦画]

クリスマスイヴ、イルミネーションが街を彩るある日、大停電が起こる。
そして12人の男女が織り成すストーリーが展開。

日本版の1晩だけの「ラブ・アクチュアリー」かな。
でも日本らしく、しっとりとして、そしてちょっと暗い。
不倫とか、私生児、ガン、離婚、浮気など・・・(^^;)

でも、その中でジャズバーの店主(豊川悦司)と
キャンドルショップの店主(田畑智子)の2人のやり取りの間がよくて楽しかった。
彼女は不思議ちゃんって感じで、全体的に暗くなりがちなこの映画
ほのぼのとさせてくれてた気がします。
人の幸せを祈りながらキャンドルに火を灯すところもいい!

また吉川晃司演じる出所したての元ヤクザが元カノを必死で助けようとしたり
自殺を悩んでいたモデルを人工衛星オタクの少年が一緒に過ごしたり
そんなシチュエーションも暖かい気持ちにさせてくれる。
そして定年を迎えた夫が妻の秘密を知り、最後に声をかけるシーンには
すごい感動!って訳じゃないんだけど、じわじわと感動して泣けてきました。

親子や夫婦の愛を再認識できる映画。
大切な人と一緒に観て欲しい!クリスマス時期なら最高ですね。(^^)
ばらばらだった12人が、だんだんとつながっていく様子も面白いです。
でも、ちゃんと当事者同士は会わないようになっているのね・・・(笑)

音楽もクリスマスっぽさと大人な雰囲気の選曲で、とても合っていました。

大停電の夜に オリジナル・サウンドトラック

大停電の夜に オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: John Lennon,Yoko Ono,サントラ,南博,Bill Evans
  • 出版社/メーカー: イーストワークスエンタテインメント
  • 発売日: 2005/11/10
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

さくらん [MY BEST20 *邦画]

さくらん [DVD]

さくらん [DVD]

試写会で観てきました!
有名な女性たちが結集して作った女性のための映画という雰囲気で素敵でした。

まず、色彩がきれいで、画面の構成が素晴らしい!
ここらへんは写真家としての蜷川実花の実力ですね。
衣装や舞台も素敵でした。金魚がずっとたゆたっているのが印象的。

ストーリーは、安野モヨコの原作にほぼ忠実。
単行本は、かなり中途半端に終わってしまっていたので(続きあるのかな?)
ちょっと消化不良だったけど、映画で思っていた通りの続きを観られて感激。
おいらんの運命、悲しさやせつなさ、嫉妬・・・
などなどオンナのドロドロした部分や強さや弱さなどが、しっかりと伝わってきた。
濡れ場シーンなども、女の人からの視点なので、色っぽいんだけどキレイです。

出演者も、みんな実力派ばかりで、自分の好きな人が多かったので、すごく楽しめました。
土屋アンナは、ちょっと日本人離れした顔なので、不安でしたが
性格曲がってるけど器量の良い「きよ葉」の役には合っていて
結果的には良かったのかな。

椎名林檎音楽は、サントラとしては癖がありすぎで前面に出すぎ・・
というのは否めませんが、現代的な映画になったかも。

http://www.sakuran-themovie.com/

『さくらん』オフィシャルガイドブック

『さくらん』オフィシャルガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/02/09
  • メディア: 単行本

さくらん ~花魁音楽画巻~

さくらん ~花魁音楽画巻~

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: DVD


さくらん写真集

さくらん写真集

  • 作者: 蜷川 実花
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 大型本

さくらん

さくらん

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: コミック



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フラガール [MY BEST20 *邦画]

フラガールスタンダード・エディション

フラガールスタンダード・エディション


とっても感動しました!
実話を元にしているだけあって、炭鉱の人々の必死さがリアルに伝わってきました。
笑いを取るシーンがある中で、泣けるシーンも満載。
脚本もしっかりしているし、俳優、女優がまたみんなハマリ役で感情移入できました。
炭鉱の灰色な風景に色彩が増えていく様子など絵作りもよかった。
でも何と言っても最高なのは、フラダンスシーン。
全くの素人が特訓の末、舞台で踊る姿は圧巻!
勇気をもらえる映画です。
サントラも欲しくなりました。
そしてハワイアンズにもまた行きたくなりました。(^^)

フラガール

フラガール

  • アーティスト: ジェイク・シマブクロ, サントラ, ナレオ
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/08/23
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ALWAYS 三丁目の夕日 [MY BEST20 *邦画]

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版


原作を昔から読んでいる者としては、かなりドキドキものでした。
ちょっとCGはやりすぎ感があるものの、昭和33年の下町の雰囲気が見事に再現されていて
心温まる映画に仕上がっていました。ヨカッタ。
いろいろな人々のお話を描いた作品だけど、茶川さんが主役とは・・・しかも若い。
鈴木オートの社長さんが一番イメージ違うかな。(^^;)
原作のキャラクターとは、だいぶ違うイメージのキャストだったけど、
映画として盛り上げるにはよかったんじゃないかと思います。
このエピソードをここに入れるか~、なんて感じで原作の持ち味を生かしてある
よい映画になっていて満足でした。(^^)

映画のエピソードを詰めた特別編の原作はこちら↓

三丁目の夕日 特別編

三丁目の夕日 特別編

  • 作者: 西岸 良平
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - MY BEST20 *邦画 ブログトップ